英語のリスニング

英語のリスニングは、英語を実践で使う際の勉強にはとても大切なことです。

いくら英語の文法ばかりを勉強していてもリスニング、つまり相手が言っていることが聞き取れなければ英語を実践で使うことはできません。

英語のリスニング上達のためには、英語のリスニングの勉強もしなければいけません。

英語のリスニングの方法としては、何度も何度も英語を聞くという方法がいちばんです。

昔はラジオを聞いたり、CDを聞いて何度も英語のリスニングを聞くという方法が一般的な勉強方法でしたが、近年の英語のリスニング勉強法は変わってきました。

ipodに英語のリスニングのための音を入れて毎日聞いていれば無料で英語のリスニングの勉強が出来ますし、インターネット上には英語のリスニングサイトもありますから、そちらで勉強することが出来ます。

場合によってはリスニングをダウンロードすることもできます。

お金を支払って英語のリスニング教材を購入している人もいるかもしれませんが、聞いているだけで英語がわかるようになるという教材も販売されています。

英語のリスニングに効果があるものとして映画も一つにあげられます。

映画を字幕なしで英語だけで聞くということはとても英語のリスニングの勉強になります。

いつもは日本語字幕の英語や日本語吹き替え版で見ているという人も英語のリスニングのためにも、英語だけで見てみるという方法で勉強してみてもいいかもしれませんね。

英語のリスニングは今はセンター試験でも出題されますから勉強は必須です。

英語の文法

英語の文法についてですが、英語を話せるようになるためには、
基礎から勉強することが大切です。

英語の文法の勉強方法や学習方法は色々とあると思いますが、
中学校の英語の文法がそれ以降の英語の文法の基礎になりますから
しっかりと勉強しておかなくてはいけません。

英語の文法を勉強するにあたっては参考書や問題集を利用しながら
上手に勉強していくのがいいと思います。

英語の文法は完璧に頭に入っているのに英語が話せないという人も多いと思いますが、
実は英語の文法というのは頭で理解して、英語を話すということは口で覚えることに
なりますから、全く違っていることになるのです。

ゴルフの打ち方やコース、ルールを理解していたからと言って、
それがゴルフのプレーの技術につながるということはありませんよね。

それと同じです。

文法はわかっていても話せないのは頭でわかっているだけで
体はついていっていないからです。

英語を実際に日常会話などで話す場合には、
頭の中で文法を考える時間の余裕はないと思います。

ですからホームステイや留学を行った最初のうちは、文法を気にせずに
めちゃくちゃの英語で話をすることが出来ないパターンに陥るか、それとも、
文法ばかりに気を取られて、言葉が出ないで話せないというパターンがどちらかです。

英語の文法が身についている人ほど、スムーズに英語を実践で話せない
ということもありますから、文法だけにとらわれず、実践でたくさん
会話をすることも英語の学習には大切なことです。

英語ニュース

英語ニュースは実は英語学習にとても役に立つといわれていますが
ご存知でしょうか?

英語ニュースを読むだけの英語学習をしているという人も最近は
多くなってきました。

英語ニュースをインターネットで読んでいる人、nhkで英語ニュースを見ている人、
聞いている人など、いろいろな方法で英語ニュースを読んだり見たり聞いたりする
という方法はあります。

英語ニュースで読む現代社会というものもありますね。

英語ニュースのサイトなどは、今話題になっているニュースで
英語学習をすることが出来るというメリットがありますし、
英語ニュースなら何度も読むことが出来るということも魅力です。

最近の英語ニュースのインターネットのサイトは記事だけに限らず音で
英語ニュースをリスににんぐできるものもありますから、いろいろなサイトを
探して上手に活用すれば、英語ニュースでリスニングとリーディングを
勉強することも可能です。

英語ニュースで英語の勉強をしている人の中には、ニュースの中に出てくる単語を
少し難しいと感じる人もいますが、実際に英語を話して日常生活をする場合には、
英語ニュースに出てくるくらいのレベルの英語を理解できるようになっておかなければ
ついていかにかもしれませんから、英語ニュースがスムーズに理解できるようになれば、
かなりレベルアップした語学力が身についてくると思います。

毎日少しずつでもいいので英語ニュースを読んだり、見たり、聞いたりする
ということでだんだん英語力がアップしていきます。

,