タグ:住所を書く方法 ( 1 ) タグの人気記事

英語で住所を書く方法

英語で住所を書くときに、日本とは書き方が違っていますから英語で住所を書く際に難しいと思っている人も中に入るかもしれません。

まず英語で住所を書くときには順番に書いていくとスムーズに英語で住所を書くことが出来ます。

自分の住所や英語に直したい住所があると思いますが、そちらをまずは用意しますね。

そのあと、その住所をすべてローマ字に直して書きましょう。

そして都道府県と市町村、番地の三つに分けて段落を作ってみてください。

段落を分けたら1文字目は大文字にしましょう。

そして英語で県、府、市、町などを書く場合にはハイフンを使います。

たとえば東京都の場合にはローマ字に直して1文字目を大文字にするとTokyotoとなりますが、ハイフンを都の前に入れます。

Tokyo-toという形になります。

栃木県の場合にはTochigi-kenという形になります。

市、町のつく前はすべてこのように英語で表記します。

そして都道府県、市町村、番地という順番で書かれていると思いますが、英語で住所を書く際には、番地、市町村、都道府県という順番にして、郵便番号、Japanを書きます。

これで住所を英語で書くことが出来ます。

頭の中で考えながら書いていくとわけがわからなくなるという人も多いと思いますが、一度ローマ字に直して順番に書いていくことで英語の住所表記がスムーズにできるのではないでしょうか。

部屋番号がある場合には、数時の前に♯をつけておくと、尚いいとされていますから102号室と書きたい場合には、♯102としておくといいでしょう。

[PR]

,