英語教育

英語教育は日本でも進められていますが、日本の英語教育は近年変わりつつあります。

従来は中学でスタートさせるはずの英語教育を、近年小学校で英語教育をスタートさせることになりました。

文部科学省も英語教育には積極的に力を入れているといわれていますし、日本英語教育協会という機関もあります。

早い段階で英語教育を始めるということはとてもいいことだといわれています。

日本のように英語を母国語としていない国にシンガポールがありますが、シンガポールも、早期英語教育を行っているので国民の大半が英語を上手に話すことが出来るといわれています。

今までに日本の英語教育の問題点というのは、英語を勉強しても実践に活用することが出来ないような英語であるということでした。

文法や単語など、頭への詰め込み学習が中心で、話すこと、聞くこと、表現することなどを重点に学習していなかったことから、せっかく英語学習をしていても、身につかない英語になっていたのです。

小学校からの英語教育は詰め込み知識型の英語教育ではなく、リスニング、スピーキング、表現するといったことに力を入れて英語教育が進められています。

しかし小学校の英語教育には反対意見も多く出ました。

今は母国語である日本語も上手に正しく話せない子供が多い中で英語を勉強するというのは矛盾しているという意見があり、小学校の英語教育の反対意見が出たのです。

早期英語教育は大切なことですが、正しい英語教育をしなければ意味がありません。

[PR]

英語検定

英語検定といっても一種類ではありません。

一般的に英語検定というと英検といわれている英語検定を思い浮かべるという人も多いかもしれませんが、実際には英語検定というのは日本にはいくつか種類があります。

英語検定を実施している機関によってその種類は違っています。

たとえば、先ほどのいちばんよく知られている英語検定は、実用英語検定と呼ばれているもので日本英語検定協会主催の試験になっています。

他にも日商英語検定やビジネス英語検定といった種類の英語検定もあります。

英語検定を受ける人はそれぞれの英語検定にはレベルがありますからレベルを選ぶことになります。

実用英語検定といっても4級から1級までレベルがありますから、自分が目標としているものや、自分が勉強していたものに合わせてレベルを選んで受験することになります。

英語検定の勉強はいきなり受けに行ってすぐに受かるというほど簡単なものではありませんから、過去問題を解いたり問題集を解いたりしながら勉強をしなければうからないのではないでしょうか。

英語検定の結果は郵送で送られてきます。

しかし、最近はインターネット上で英語検定の解答が発表されますから、自己採点して合格点に至っているかどうか確認して回答速報を見た段階で英語検定に合格しているかどうかがわかるようになりました。

英語検定は、就職や入学、ビジネスなど様々なところでもっていると有利になる資格の一つですから、英語関係の仕事に就きたいと思っている人にとっても必須の資格です。

[PR]

英語のことわざ

日本にもことわざはありますが、英語にもことわざがあります。

英語のことわざというのは英語の格言としても知られていますが、ことわざで英語を勉強することで実は、英語の語学力アップにもつながるといわれています。

それ以外にも英語のことわざを知るということは、その国の文化や生活なども知ることが出来るので、英語のことわざを覚えたり、勉強するということはとても大切なことです。

日本でもことわざを日常会話の中で出してくることがあると思いますが、英語のことわざも、日常会話の中で使えるようになると、何か人に話をする際に説得力となりますし、人間関係などを築く際にも英語のことわざを知っておくということはとても便利なことです。

英語のことわざで英語学習を進めていくという教材も最近は色々と販売されています。

英語のことわざを覚えれば意訳もスムーズにできるようになりますし、語学力のレベルがアップします。

日本では日のないところに煙は立たないという言葉がありますが、それを英語のことわざにしたものがあります。

煙があるところに火があるといった英語のことわざでWhere theres smoke theres fireという言葉です。

日本のことわざと同じように、英語にもことわざがあるのですが、英語のことわざを覚えておくことで何かスピーチ、挨拶をする際に役に立ちますし、日本のことわざを出してくるよりも、説得力があるということもメリットとしてあげられますから、覚えておくといいでしょう。

[PR]

,