英語の発音

英語の知識や単語、文法は頭に入っているのに、英語が通じない、そんな経験をしたことがありませんか?

英語が通じないことのほとんどは、英語の間違った発音にあるといわれています。

英語の発音は日本人には少し難しい発音といわれています。

英語を学ぶ際に、知識や文法などももちろん大切なことだとは思いますが、英語の発音をしっかりとマスターしておかなければいくら文法が頭に入っていても、実際に英語を話したときに発音が間違っていると通じないので意味がありません。

英語の発音を音声にして何度も何度も繰り返し聴くというのがいいのですが、なかなか学習方法として英語の発音を繰り返し聴くということは難しいですね。

最近はインターネットのサイト上で英語の発音記号が掲載されていて実際に音声を聞くことが出来るサイトもありますから、そちらを一度検索してみて、アクセントの位置を確認しながら練習してみるというのがいいでしょう。

英語の発音は舌使いが重要です。

間違った英語の発音で一度覚えてしまうと、なかなか元に戻すのが大変ですから、その場合は英語の発音矯正をしなければいけません。

英語の発音で聞き取りにくいのはMとNの発音であったり、LとRノ発音だったりしますね。

他にも同じシーというカタカナで書く言葉がありますが、英語で書くとsee sea sheといった三つの言葉があり、どれも同じ発音をしてしまいがちですが、それぞれ英語の発音は違っています。

英語の発音を正すことで英語が通用するようになりますし自分への自信にもつながります。

[PR]

ビジネスのための英語

ビジネスのための英語は、今グローバルに活躍している会社が日本でも増えていることから、働いている人のビジネス英語の習得は必須になっています。

ビジネスのための英語は国際社会で活躍するビジネスマンにとってはかなり重要なことで、ビジネス英語がわからなければ、仕事にならないという職場もあるでしょう。

ビジネスのための英語は、読むこと、書くこと、そして話すことをマスターするのですが、日常英会話ではなくて仕事で使える英語力をマスターしなければいけません。

最近は英会話スクールでもビジネスのための英語を教えてくれるコースや教室が増えています。

ビジネスのための英語といっても色々な種類や目的が人それぞれありますからビジネス英語をマスターして自分のレベルによって学んでいかなくてはいけません。

たとえばビジネス英語の電話応対、商談やプレゼン、ミーティングや会議に役立つ事柄を一つ一つ学んでいきます。

ビジネスのための英語のメールの書き方や手紙の書き方なども教えてもらうことが出来ますから、国際的に活躍しなければいけない立場にある人は、ビジネス英語を身につけるための勉強が必要です。

ビジネスで使われやすい単語や表現の方法、そして慣用句といったものを、実際にどういった場面で使うのか、ポイントを絞りながら、何度も練習していくことで実践でもスムーズに自分を表現できるビジネス英語が話せるようになるのではないでしょうか。

普通の英会話とビジネスのための英語は違いますから、それぞれをマスターする必要があります。

[PR]

英語版というと、何を思い浮かべますか?

英語版というと、何を思い浮かべますか?

最近では、色々なものの英語版が販売されていますが、英語版を購入した方が、実は日本語版を購入するよりも安いということもありますね。

ダイエットで一時話題になっていたコアリズムも、日本語版よりも正規輸入品の英語版のコアリズムの方が若干安くなって販売されていました。

英語版と聞いて何を思い浮かべますか?

英語版というと、サイトでも英語版が存在しています。

検索サイトのyahoo!の英語版もありますし、パソコンでも英語版はあります。

Windows 7の英語版も販売されていますね。

また新聞の英語版として読売新聞、朝日新聞、毎日新聞などの英語版の発行もあります。

ずっと前にテレビ番組で見たのですが、日本の漫画の英語版が海外でとても人気があるということでした。

子供に人気のポケットモンスターの英語版もそうですし、ドラゴンボールの英語版も人気があるといわれています。

日本のアニメや漫画に限らずゲーム等も日本語版ではなくて英語版として海外で販売されていることもよくあり、これが意外と海外で人気を集めています。

海外から来た物は日本語版で販売されますが、英語版の取扱いがあることもあります。

日本語の製品が海外へ渡る場合には英語版として輸出されます。

英語版も日本語版も内容は全く一緒だという場合もあれば、中には、特典がついている場合もあります。

必ずしも日本では日本語版しか売れないのではなく、英語版をわざわざ購入するという人もいます。

ハリーポッターなどの人気本は原作そのままの英語版を買う人も多かったようです。

[PR]

,