英語で住所を書く方法

英語で住所を書くときに、日本とは書き方が違っていますから英語で住所を書く際に難しいと思っている人も中に入るかもしれません。

まず英語で住所を書くときには順番に書いていくとスムーズに英語で住所を書くことが出来ます。

自分の住所や英語に直したい住所があると思いますが、そちらをまずは用意しますね。

そのあと、その住所をすべてローマ字に直して書きましょう。

そして都道府県と市町村、番地の三つに分けて段落を作ってみてください。

段落を分けたら1文字目は大文字にしましょう。

そして英語で県、府、市、町などを書く場合にはハイフンを使います。

たとえば東京都の場合にはローマ字に直して1文字目を大文字にするとTokyotoとなりますが、ハイフンを都の前に入れます。

Tokyo-toという形になります。

栃木県の場合にはTochigi-kenという形になります。

市、町のつく前はすべてこのように英語で表記します。

そして都道府県、市町村、番地という順番で書かれていると思いますが、英語で住所を書く際には、番地、市町村、都道府県という順番にして、郵便番号、Japanを書きます。

これで住所を英語で書くことが出来ます。

頭の中で考えながら書いていくとわけがわからなくなるという人も多いと思いますが、一度ローマ字に直して順番に書いていくことで英語の住所表記がスムーズにできるのではないでしょうか。

部屋番号がある場合には、数時の前に♯をつけておくと、尚いいとされていますから102号室と書きたい場合には、♯102としておくといいでしょう。

[PR]

日本英語検定協会

日本英語検定協会というのは、英語の検定でおなじみの、実用英語技能検定を実施している機関です。

日本英語検定協会では1963年から英語検定を行っていますが、今までに7500万人以上が受験していることでも知られています。

一年間に日本英語検定協会の英検には250万人以上の人が受験しているといわれています。

日本の中では一番大きな規模の英語の検定試験とされている日本英語検定協会主催の英語検定です。

聞くことや話すこと、読み書きといった四つの英語の技術を筆記試験とリスニング試験、スピーキングの試験で判定していきます。

日本英語検定試験は1級から5級までレベルがわかれていますが、5級の試験は代替中学1年生が多く受験するといわれている試験です。

1級の英語検定になると、ビジネスや就職に役立てようと思っている人が受験していることが多いようです。

日本英語検定協会の英検を受験することのメリットとしては、いろいろと人それぞれメリットはあると思います。

最近は小学校での受験も多く、合格することで英語学習が好きになるというメリットもあります。

他にも、日本英語検定協会の英検は、高校入試の際の条件になったり、内申点としてプラスされることもありますから入試に役に立ちます。

また高校入学後は、単位認定制度で以後の単位の一つとしても認定されています。

日本英語検定協会主催の試験を受験することで入学に、就職に、留学にと様々な面で役に立つこと間違いありません。

[PR]

実用英語技能検定

実用英語技能検定というのは英語検定の一つですが、日常生活に最低限必要とされている実用的な英語のレベルを検定する試験です。

実用英語技能検定試験には、5級から1級までのレベルが分けられています。

5級の場合には、中学生の初歩の英語のレベルの試験になっていますし、1級の場合には大学の中でもかなり上級レベルの英語になっています。

実用英語技能検定を受ける場合には、自分のレベルに合わせて受験することになります。

試験の内容もそれぞれのレベルによって違っていますが、5級4級は、マークシートの試験になっていて筆記試験が35分とリスニング試験が25分の1時間の試験になっています。

そして3級の実用英語技能検定からは、マークシート試験に加えて、面接もあります。

面接委員から質問されますからその質問に対して英語で回答するという試験も加わります。

一番レベルが高い実用英語技能検定の1級の試験になるとマークシートと記述形式の試験になり、筆記試験は100分になりますし、リスニング試験は30分と長くなります。

日常会話を面接委員とした後に、2分間のスピーチをすることになりますし、面接委員のいう質問に答える試験が加わります。

実用英語技能検定は、年に三回実施されています。

隣接している級の場合には、ダブル受験できるという特徴もあります。

実用英語技能検定の1級ともなると合格率は8パーセントと、極めて低い合格率で難易度も高くなりますから勉強が大変です。

[PR]

,