<   2011年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

実用英語技能検定

実用英語技能検定というのは英語検定の一つですが、日常生活に最低限必要とされている実用的な英語のレベルを検定する試験です。

実用英語技能検定試験には、5級から1級までのレベルが分けられています。

5級の場合には、中学生の初歩の英語のレベルの試験になっていますし、1級の場合には大学の中でもかなり上級レベルの英語になっています。

実用英語技能検定を受ける場合には、自分のレベルに合わせて受験することになります。

試験の内容もそれぞれのレベルによって違っていますが、5級4級は、マークシートの試験になっていて筆記試験が35分とリスニング試験が25分の1時間の試験になっています。

そして3級の実用英語技能検定からは、マークシート試験に加えて、面接もあります。

面接委員から質問されますからその質問に対して英語で回答するという試験も加わります。

一番レベルが高い実用英語技能検定の1級の試験になるとマークシートと記述形式の試験になり、筆記試験は100分になりますし、リスニング試験は30分と長くなります。

日常会話を面接委員とした後に、2分間のスピーチをすることになりますし、面接委員のいう質問に答える試験が加わります。

実用英語技能検定は、年に三回実施されています。

隣接している級の場合には、ダブル受験できるという特徴もあります。

実用英語技能検定の1級ともなると合格率は8パーセントと、極めて低い合格率で難易度も高くなりますから勉強が大変です。

[PR]

英語教材

英語教材をこれから選ぶという人もいると思いますが、一言で英語教材といっても色々な種類の英語教材が販売されています。

中学生の英語向けの教材もあれば、幼児向けの英語教材もあります。

英語教材を選ぶ際にお勧めなのが英語教材ランキングです。

英語教材ランキングでは、今一番選ばれている英語教材は何かということをランキング形式で発表してくれていますから、英語教材をこれから選ぶという人にとってはとても参考になるランキングです。

英語教材で多くの人に選ばれているということは、それなりに理由があるとおもいます。

子供の英語教材や幼児の英語教材などでは、子どもが楽しく英語を学ぶことが出来るような工夫がされていたり、楽しみながら飽きずに英語をマスターすることが出来る英語教材などもあります。

英語教材を選ぶ際には、ランキングを参考にしてどの教材がおすすめなのか確認してみるといいかもしれませんね。

ランキングを見て、そのまま1位になっている英語教材を選ぶという方法で選ぶのではなくて、あくまでも参考にして選びます。

その英語教材が自分に合っているのかどうかということをまずは内容を確認してみましょう。

たとえば幼児の英語教材で人気のあるディズニーの英語教材は資料請求をすればサンプルのDVDなどが送ってもらえます。

ですからそちらを利用してみて、子どもの反応を見たり、実際に英語教材を続けていけるのかを考えてみるといいかもしれませんね。

場合によってはディズニーの英語教材よりも、ゲーム感覚の英語教材や イラストがたくさん掲載されている英語教材の方がいいという人もいるかもしれませんね。

[PR]

英語教室

今日本にはたくさんの英語教室があります。

幼児から英語学習をスタートさせるために、いろいろと工夫したカリキュラムで英語学習を進めている英語教室があります。

英語教室ごとに特色のある内容で英語学習が進められていますが、数多くある中でどのように英語教室を選んでいくのがいいのでしょうか。

英語教室はたとえば、地域にだけあるこども英語教室もあれば、全国展開している英語教室などもあります。

幼児を対象にしている英語教室もあれば、学生対象、社会人対象の英語教室尾もありますから、その種類は色々です。

英語教室で大手の全国展開しているところといえば、ベネッセの英語教室、ヤマハの英語教室、アルク英語教室、セイハ英語教室、小学館英語教室などが名前が知れていることで知られていますが、この中からどうやって英語教室を選ぶといいのでしょうか。

英語教室の選び方のポイントとしては、まずは英語教室に行く目的をしっかりと把握しておきましょう。

発音をきれいにしたいのか、それとも授業に沿った英語の勉強をさせたいのか、英語を好きになったもらうために通わせるのか、英語がペラペラになるために通わせたいのか、まずは英語教室に通わせる目的に合わせて選ぶといいでしょう。

英語教室によっては文法などの知識を重点に教えているところもあれば、英会話を重点おいているところもありますから、目的にあった英語教室を選ぶようにします。

そのうえで体験入学などをして合うかどうか確かめたうえで選びます。

[PR]

中学の英語

中学の英語は、日本人にとっては英語の基礎となることです。

中学の英語の問題が解けなければ、英語をそれ以上勉強する上で少し難しくなってくるかもしれませんね。

中学の英語では文法を習うと思いますから授業をしっかりと受けて、単語を覚える、文法を勉強するといった基本的な英語の勉強をしなければいけません。

中学の英語の要点ばかりをまとめた参考書や問題集なども色々と販売されています。

そちらを利用しながら授業と並行してしっかり基礎を身につけておくと、中学の英語で多くの学生が苦手としている長文読解にも強くなるのではないでしょうか。

どうしても長文読解になると、英語が苦手だという人も多いようです。

長文読解をするためには、文法、単語それぞれの知識をしっかりとマスターしておかなくてはいけません。

中学の英語は文法などの勉強をすることが中心として行われていますが、もちろん発音やスピーチなどのコミュニケーション系の授業を指導案に入れているという学校も多いです。

中学で英語の歌を歌ってみたり、たとえばカーペンターズの曲を歌ってみるというのは意味を知りながら英語の勉強をするのにとても役に立つかもしれませんね。

中学の英語は、これからの英語学習の基礎になりますからしっかりと勉強して、身につけておきましょう。

中学の英語をスムーズに効率よく学習する方法としては、単語の並び方に注意しながら、主語述語動詞などをしっかりと順番通りに並べることをポイントにおいて勉強するといいといわれています。

[PR]

英語の発音

英語の知識や単語、文法は頭に入っているのに、英語が通じない、そんな経験をしたことがありませんか?

英語が通じないことのほとんどは、英語の間違った発音にあるといわれています。

英語の発音は日本人には少し難しい発音といわれています。

英語を学ぶ際に、知識や文法などももちろん大切なことだとは思いますが、英語の発音をしっかりとマスターしておかなければいくら文法が頭に入っていても、実際に英語を話したときに発音が間違っていると通じないので意味がありません。

英語の発音を音声にして何度も何度も繰り返し聴くというのがいいのですが、なかなか学習方法として英語の発音を繰り返し聴くということは難しいですね。

最近はインターネットのサイト上で英語の発音記号が掲載されていて実際に音声を聞くことが出来るサイトもありますから、そちらを一度検索してみて、アクセントの位置を確認しながら練習してみるというのがいいでしょう。

英語の発音は舌使いが重要です。

間違った英語の発音で一度覚えてしまうと、なかなか元に戻すのが大変ですから、その場合は英語の発音矯正をしなければいけません。

英語の発音で聞き取りにくいのはMとNの発音であったり、LとRノ発音だったりしますね。

他にも同じシーというカタカナで書く言葉がありますが、英語で書くとsee sea sheといった三つの言葉があり、どれも同じ発音をしてしまいがちですが、それぞれ英語の発音は違っています。

英語の発音を正すことで英語が通用するようになりますし自分への自信にもつながります。

[PR]

ビジネスのための英語

ビジネスのための英語は、今グローバルに活躍している会社が日本でも増えていることから、働いている人のビジネス英語の習得は必須になっています。

ビジネスのための英語は国際社会で活躍するビジネスマンにとってはかなり重要なことで、ビジネス英語がわからなければ、仕事にならないという職場もあるでしょう。

ビジネスのための英語は、読むこと、書くこと、そして話すことをマスターするのですが、日常英会話ではなくて仕事で使える英語力をマスターしなければいけません。

最近は英会話スクールでもビジネスのための英語を教えてくれるコースや教室が増えています。

ビジネスのための英語といっても色々な種類や目的が人それぞれありますからビジネス英語をマスターして自分のレベルによって学んでいかなくてはいけません。

たとえばビジネス英語の電話応対、商談やプレゼン、ミーティングや会議に役立つ事柄を一つ一つ学んでいきます。

ビジネスのための英語のメールの書き方や手紙の書き方なども教えてもらうことが出来ますから、国際的に活躍しなければいけない立場にある人は、ビジネス英語を身につけるための勉強が必要です。

ビジネスで使われやすい単語や表現の方法、そして慣用句といったものを、実際にどういった場面で使うのか、ポイントを絞りながら、何度も練習していくことで実践でもスムーズに自分を表現できるビジネス英語が話せるようになるのではないでしょうか。

普通の英会話とビジネスのための英語は違いますから、それぞれをマスターする必要があります。

[PR]

英語版というと、何を思い浮かべますか?

英語版というと、何を思い浮かべますか?

最近では、色々なものの英語版が販売されていますが、英語版を購入した方が、実は日本語版を購入するよりも安いということもありますね。

ダイエットで一時話題になっていたコアリズムも、日本語版よりも正規輸入品の英語版のコアリズムの方が若干安くなって販売されていました。

英語版と聞いて何を思い浮かべますか?

英語版というと、サイトでも英語版が存在しています。

検索サイトのyahoo!の英語版もありますし、パソコンでも英語版はあります。

Windows 7の英語版も販売されていますね。

また新聞の英語版として読売新聞、朝日新聞、毎日新聞などの英語版の発行もあります。

ずっと前にテレビ番組で見たのですが、日本の漫画の英語版が海外でとても人気があるということでした。

子供に人気のポケットモンスターの英語版もそうですし、ドラゴンボールの英語版も人気があるといわれています。

日本のアニメや漫画に限らずゲーム等も日本語版ではなくて英語版として海外で販売されていることもよくあり、これが意外と海外で人気を集めています。

海外から来た物は日本語版で販売されますが、英語版の取扱いがあることもあります。

日本語の製品が海外へ渡る場合には英語版として輸出されます。

英語版も日本語版も内容は全く一緒だという場合もあれば、中には、特典がついている場合もあります。

必ずしも日本では日本語版しか売れないのではなく、英語版をわざわざ購入するという人もいます。

ハリーポッターなどの人気本は原作そのままの英語版を買う人も多かったようです。

[PR]

英語教育

英語教育は日本でも進められていますが、日本の英語教育は近年変わりつつあります。

従来は中学でスタートさせるはずの英語教育を、近年小学校で英語教育をスタートさせることになりました。

文部科学省も英語教育には積極的に力を入れているといわれていますし、日本英語教育協会という機関もあります。

早い段階で英語教育を始めるということはとてもいいことだといわれています。

日本のように英語を母国語としていない国にシンガポールがありますが、シンガポールも、早期英語教育を行っているので国民の大半が英語を上手に話すことが出来るといわれています。

今までに日本の英語教育の問題点というのは、英語を勉強しても実践に活用することが出来ないような英語であるということでした。

文法や単語など、頭への詰め込み学習が中心で、話すこと、聞くこと、表現することなどを重点に学習していなかったことから、せっかく英語学習をしていても、身につかない英語になっていたのです。

小学校からの英語教育は詰め込み知識型の英語教育ではなく、リスニング、スピーキング、表現するといったことに力を入れて英語教育が進められています。

しかし小学校の英語教育には反対意見も多く出ました。

今は母国語である日本語も上手に正しく話せない子供が多い中で英語を勉強するというのは矛盾しているという意見があり、小学校の英語教育の反対意見が出たのです。

早期英語教育は大切なことですが、正しい英語教育をしなければ意味がありません。

[PR]

英語検定

英語検定といっても一種類ではありません。

一般的に英語検定というと英検といわれている英語検定を思い浮かべるという人も多いかもしれませんが、実際には英語検定というのは日本にはいくつか種類があります。

英語検定を実施している機関によってその種類は違っています。

たとえば、先ほどのいちばんよく知られている英語検定は、実用英語検定と呼ばれているもので日本英語検定協会主催の試験になっています。

他にも日商英語検定やビジネス英語検定といった種類の英語検定もあります。

英語検定を受ける人はそれぞれの英語検定にはレベルがありますからレベルを選ぶことになります。

実用英語検定といっても4級から1級までレベルがありますから、自分が目標としているものや、自分が勉強していたものに合わせてレベルを選んで受験することになります。

英語検定の勉強はいきなり受けに行ってすぐに受かるというほど簡単なものではありませんから、過去問題を解いたり問題集を解いたりしながら勉強をしなければうからないのではないでしょうか。

英語検定の結果は郵送で送られてきます。

しかし、最近はインターネット上で英語検定の解答が発表されますから、自己採点して合格点に至っているかどうか確認して回答速報を見た段階で英語検定に合格しているかどうかがわかるようになりました。

英語検定は、就職や入学、ビジネスなど様々なところでもっていると有利になる資格の一つですから、英語関係の仕事に就きたいと思っている人にとっても必須の資格です。

[PR]

英語のことわざ

日本にもことわざはありますが、英語にもことわざがあります。

英語のことわざというのは英語の格言としても知られていますが、ことわざで英語を勉強することで実は、英語の語学力アップにもつながるといわれています。

それ以外にも英語のことわざを知るということは、その国の文化や生活なども知ることが出来るので、英語のことわざを覚えたり、勉強するということはとても大切なことです。

日本でもことわざを日常会話の中で出してくることがあると思いますが、英語のことわざも、日常会話の中で使えるようになると、何か人に話をする際に説得力となりますし、人間関係などを築く際にも英語のことわざを知っておくということはとても便利なことです。

英語のことわざで英語学習を進めていくという教材も最近は色々と販売されています。

英語のことわざを覚えれば意訳もスムーズにできるようになりますし、語学力のレベルがアップします。

日本では日のないところに煙は立たないという言葉がありますが、それを英語のことわざにしたものがあります。

煙があるところに火があるといった英語のことわざでWhere theres smoke theres fireという言葉です。

日本のことわざと同じように、英語にもことわざがあるのですが、英語のことわざを覚えておくことで何かスピーチ、挨拶をする際に役に立ちますし、日本のことわざを出してくるよりも、説得力があるということもメリットとしてあげられますから、覚えておくといいでしょう。

[PR]

,