<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

英語訳

英語で書かれているものを自分で訳す機会も最近は多くなったのではないでしょうか。

海外から輸入している商品などの説明書もそうですし、使用方法なども英語で書かれている製品なども多く販売されるようになりました。

英語訳を上手にする方法としては、直訳をしないということです。

英語訳をする際に、どうしても、日本人は後ろから前に訳してしまうという傾向があるといわれているのですが、後ろから前に訳してしまうと、意味合いが変わってしまったり、英語訳に時間がかかりますから、スムーズに英語訳をする場合には、前から順番に読み進めて同時に英語訳が出来ればいいでしょう。

訳した英語をそのままにしてしまうと直訳といわれるものになりますから、意訳という、直訳したものを見て、意味合いを使うという意訳がスムーズにできるようになれば英語訳がもっと早く、そして正確にできるようになるのではないでしょうか。

インターネット上でできる英語訳サイトなどを使ってみると、日本語から英語に訳した場合にはそれほど不便は感じないかもしれませんが、英語から日本語に訳すと直訳になって、意味合いが少し変わってしまうこともあります。

英語訳サイトを使ったり辞書で英語を訳した場合にも、意訳して意味合いをわかるということが大切なことですね。

特に英語の格言を訳すと、直訳だと意味が通じなくなりますから、英語は直訳ではなくて意訳できるような力を身につけておくといいかもしれませんね。

[PR]

英語の辞書

英語の勉強をスタートさせる際に、英語の辞書は必需品といってもいいのではないでしょうか。

英語の辞書がなければ、英語学習は少し難しいかもしれませんね。

英語の辞書は英語翻訳にも利用できますし、最近の辞書の中には発音の仕方も記載されているものなどもありますから、ただ単に翻訳、意味を調べるというだけでなく発音も勉強することが出来ます。

英語の辞書を選ぶ際に注意したいことは、販売されているメーカーによって英語の辞書の内容は違っていますし、見た目もかなり違っています。

挿絵を取り入れながらの英語辞書の場合には、小学生くらいから使えますし、逆に、ビジネス英語などの単語にも対応していて、とっさの会話の一口メモのようなものが記載されている英語辞書の場合には、社会人になってから選ぶと便利です。

英語辞書を選ぶ際には、自分で手にとって実際に書店などで確かめてから英語辞書を探してみるといいかもしれません。

英語辞書ランキングなどもありますから、今選ばれている英語辞書が何かを調べて、必ず中身を確かめてから選ぶようにするといいのではないでしょうか。

英語辞書を買うのが面倒だという人はインターネット上で無料で英語辞書サイトがありますから、そちらを利用すると手軽に自分が調べたいときにだけパソコンで辞書を利用することが出来ます。

サイト以外にも英語辞書のフリーソフトもありますから、便利です。英語辞書は英語を勉強する際には、必ず必要ですから、自分が使いやすいと思った英語辞書を選ぶようにするといいですね。

[PR]

英語の翻訳

英語の翻訳を普段日常生活の中で使うということが少ないという人も多いかもしれませんが、中には英語の翻訳をしなければいけない場面に遭遇している人もいるかもしれません。

英語の翻訳をする場合には辞書を使って今まではやっていることが多かったと思うのですが、最近は辞書を使わなくても、簡単に英語の翻訳が完了するようになりました。

英語の翻訳を料金不要で手軽に行うたいという人にお勧めなのが、英語翻訳サイトです。

英語翻訳サイトを使えば、自分が翻訳したいと思った言葉を手軽に翻訳することが出来ます。

たとえば日本語から英語への翻訳もできますし、英語から日本語への翻訳もできますから、わからない単語があれば入力して翻訳ボタンを押すだけで手軽に誰でも英語の翻訳が出来るのです。

私も海外に住む友人から手紙が来たときにわからない単語があれば入力して英語翻訳サイトを利用しています。

英語翻訳サイトを利用する以外の方法としては、英語翻訳のフリーソフトの配布などもインターネット上では行われていますから、フリーサイトをダウンロードすることで手軽に英語翻訳が可能になります。

辞書を遣って一つ一つ翻訳するという方法も好いですが、より手軽に英語の翻訳をしたいという人は、英語翻訳サイトやフリーソフトを使うことをお勧めします。

使う際の注意点としては、英語翻訳をサイトやフリーソフトを使った場合には直訳になることがあり意訳ではないので意味が少しおかしくなることもあります。

[PR]

英語の学習

英語の学習は色々な方法が有ると思います。

最近の日本の英語学習のスタートの時期はとても弱年齢化しているのが特徴で、早い子供の場合になると0歳児の時から英語学習をスタートさせていたり、中には胎教に英語学習を始めているという人もいるといわれています。

英語の学習方法は色々とありますが、人気なのが楽しみながら英語学習をするというタイプです。

英語学習といっても、設問集と参考書を見ながらがっちりと勉強するというよりも、ゲーム等をしながら楽しく行うのが今は人気です。

英語学習教材も色々な種類のものが販売されていますがゲーム感覚で勉強完了するものもたくさんあります。

パソコンを使ったもの、DSなどのゲーム機を使ってもの、インターネットを使ったものなども多数見られるようになりました。

もちろん英語学習で英会話スクールへ通うという学習方法を取り入れている人も多いと思います。

従来の英語の学習方法といえば、単語を覚えて文法を覚えるという筆記式の学習方法が多かったのに比べて、最近の英語の学習方法はスタイルが少し変わってきて、どちらかというとリスニング中心の英語学習が多いのでは無いでしょうか。

そのため、英語学習教材も、ipodで英語学習が出来るものや、携帯で英語学習が出来るものなど、いろいろなものが出てきました。

英語学習をこれから選ぶという人は口コミや体験談などを参考にしながら選ぶと、スムーズに英語学習を選ぶことが出来るかもしれません。

[PR]

,