カテゴリ:英語( 20 )

英語のリスニング

英語のリスニングは、英語を実践で使う際の勉強にはとても大切なことです。

いくら英語の文法ばかりを勉強していてもリスニング、つまり相手が言っていることが聞き取れなければ英語を実践で使うことはできません。

英語のリスニング上達のためには、英語のリスニングの勉強もしなければいけません。

英語のリスニングの方法としては、何度も何度も英語を聞くという方法がいちばんです。

昔はラジオを聞いたり、CDを聞いて何度も英語のリスニングを聞くという方法が一般的な勉強方法でしたが、近年の英語のリスニング勉強法は変わってきました。

ipodに英語のリスニングのための音を入れて毎日聞いていれば無料で英語のリスニングの勉強が出来ますし、インターネット上には英語のリスニングサイトもありますから、そちらで勉強することが出来ます。

場合によってはリスニングをダウンロードすることもできます。

お金を支払って英語のリスニング教材を購入している人もいるかもしれませんが、聞いているだけで英語がわかるようになるという教材も販売されています。

英語のリスニングに効果があるものとして映画も一つにあげられます。

映画を字幕なしで英語だけで聞くということはとても英語のリスニングの勉強になります。

いつもは日本語字幕の英語や日本語吹き替え版で見ているという人も英語のリスニングのためにも、英語だけで見てみるという方法で勉強してみてもいいかもしれませんね。

英語のリスニングは今はセンター試験でも出題されますから勉強は必須です。

[PR]

英語の文法

英語の文法についてですが、英語を話せるようになるためには、
基礎から勉強することが大切です。

英語の文法の勉強方法や学習方法は色々とあると思いますが、
中学校の英語の文法がそれ以降の英語の文法の基礎になりますから
しっかりと勉強しておかなくてはいけません。

英語の文法を勉強するにあたっては参考書や問題集を利用しながら
上手に勉強していくのがいいと思います。

英語の文法は完璧に頭に入っているのに英語が話せないという人も多いと思いますが、
実は英語の文法というのは頭で理解して、英語を話すということは口で覚えることに
なりますから、全く違っていることになるのです。

ゴルフの打ち方やコース、ルールを理解していたからと言って、
それがゴルフのプレーの技術につながるということはありませんよね。

それと同じです。

文法はわかっていても話せないのは頭でわかっているだけで
体はついていっていないからです。

英語を実際に日常会話などで話す場合には、
頭の中で文法を考える時間の余裕はないと思います。

ですからホームステイや留学を行った最初のうちは、文法を気にせずに
めちゃくちゃの英語で話をすることが出来ないパターンに陥るか、それとも、
文法ばかりに気を取られて、言葉が出ないで話せないというパターンがどちらかです。

英語の文法が身についている人ほど、スムーズに英語を実践で話せない
ということもありますから、文法だけにとらわれず、実践でたくさん
会話をすることも英語の学習には大切なことです。

[PR]

英語ニュース

英語ニュースは実は英語学習にとても役に立つといわれていますが
ご存知でしょうか?

英語ニュースを読むだけの英語学習をしているという人も最近は
多くなってきました。

英語ニュースをインターネットで読んでいる人、nhkで英語ニュースを見ている人、
聞いている人など、いろいろな方法で英語ニュースを読んだり見たり聞いたりする
という方法はあります。

英語ニュースで読む現代社会というものもありますね。

英語ニュースのサイトなどは、今話題になっているニュースで
英語学習をすることが出来るというメリットがありますし、
英語ニュースなら何度も読むことが出来るということも魅力です。

最近の英語ニュースのインターネットのサイトは記事だけに限らず音で
英語ニュースをリスににんぐできるものもありますから、いろいろなサイトを
探して上手に活用すれば、英語ニュースでリスニングとリーディングを
勉強することも可能です。

英語ニュースで英語の勉強をしている人の中には、ニュースの中に出てくる単語を
少し難しいと感じる人もいますが、実際に英語を話して日常生活をする場合には、
英語ニュースに出てくるくらいのレベルの英語を理解できるようになっておかなければ
ついていかにかもしれませんから、英語ニュースがスムーズに理解できるようになれば、
かなりレベルアップした語学力が身についてくると思います。

毎日少しずつでもいいので英語ニュースを読んだり、見たり、聞いたりする
ということでだんだん英語力がアップしていきます。

[PR]

英語で住所を書く方法

英語で住所を書くときに、日本とは書き方が違っていますから英語で住所を書く際に難しいと思っている人も中に入るかもしれません。

まず英語で住所を書くときには順番に書いていくとスムーズに英語で住所を書くことが出来ます。

自分の住所や英語に直したい住所があると思いますが、そちらをまずは用意しますね。

そのあと、その住所をすべてローマ字に直して書きましょう。

そして都道府県と市町村、番地の三つに分けて段落を作ってみてください。

段落を分けたら1文字目は大文字にしましょう。

そして英語で県、府、市、町などを書く場合にはハイフンを使います。

たとえば東京都の場合にはローマ字に直して1文字目を大文字にするとTokyotoとなりますが、ハイフンを都の前に入れます。

Tokyo-toという形になります。

栃木県の場合にはTochigi-kenという形になります。

市、町のつく前はすべてこのように英語で表記します。

そして都道府県、市町村、番地という順番で書かれていると思いますが、英語で住所を書く際には、番地、市町村、都道府県という順番にして、郵便番号、Japanを書きます。

これで住所を英語で書くことが出来ます。

頭の中で考えながら書いていくとわけがわからなくなるという人も多いと思いますが、一度ローマ字に直して順番に書いていくことで英語の住所表記がスムーズにできるのではないでしょうか。

部屋番号がある場合には、数時の前に♯をつけておくと、尚いいとされていますから102号室と書きたい場合には、♯102としておくといいでしょう。

[PR]

日本英語検定協会

日本英語検定協会というのは、英語の検定でおなじみの、実用英語技能検定を実施している機関です。

日本英語検定協会では1963年から英語検定を行っていますが、今までに7500万人以上が受験していることでも知られています。

一年間に日本英語検定協会の英検には250万人以上の人が受験しているといわれています。

日本の中では一番大きな規模の英語の検定試験とされている日本英語検定協会主催の英語検定です。

聞くことや話すこと、読み書きといった四つの英語の技術を筆記試験とリスニング試験、スピーキングの試験で判定していきます。

日本英語検定試験は1級から5級までレベルがわかれていますが、5級の試験は代替中学1年生が多く受験するといわれている試験です。

1級の英語検定になると、ビジネスや就職に役立てようと思っている人が受験していることが多いようです。

日本英語検定協会の英検を受験することのメリットとしては、いろいろと人それぞれメリットはあると思います。

最近は小学校での受験も多く、合格することで英語学習が好きになるというメリットもあります。

他にも、日本英語検定協会の英検は、高校入試の際の条件になったり、内申点としてプラスされることもありますから入試に役に立ちます。

また高校入学後は、単位認定制度で以後の単位の一つとしても認定されています。

日本英語検定協会主催の試験を受験することで入学に、就職に、留学にと様々な面で役に立つこと間違いありません。

[PR]

実用英語技能検定

実用英語技能検定というのは英語検定の一つですが、日常生活に最低限必要とされている実用的な英語のレベルを検定する試験です。

実用英語技能検定試験には、5級から1級までのレベルが分けられています。

5級の場合には、中学生の初歩の英語のレベルの試験になっていますし、1級の場合には大学の中でもかなり上級レベルの英語になっています。

実用英語技能検定を受ける場合には、自分のレベルに合わせて受験することになります。

試験の内容もそれぞれのレベルによって違っていますが、5級4級は、マークシートの試験になっていて筆記試験が35分とリスニング試験が25分の1時間の試験になっています。

そして3級の実用英語技能検定からは、マークシート試験に加えて、面接もあります。

面接委員から質問されますからその質問に対して英語で回答するという試験も加わります。

一番レベルが高い実用英語技能検定の1級の試験になるとマークシートと記述形式の試験になり、筆記試験は100分になりますし、リスニング試験は30分と長くなります。

日常会話を面接委員とした後に、2分間のスピーチをすることになりますし、面接委員のいう質問に答える試験が加わります。

実用英語技能検定は、年に三回実施されています。

隣接している級の場合には、ダブル受験できるという特徴もあります。

実用英語技能検定の1級ともなると合格率は8パーセントと、極めて低い合格率で難易度も高くなりますから勉強が大変です。

[PR]

英語教材

英語教材をこれから選ぶという人もいると思いますが、一言で英語教材といっても色々な種類の英語教材が販売されています。

中学生の英語向けの教材もあれば、幼児向けの英語教材もあります。

英語教材を選ぶ際にお勧めなのが英語教材ランキングです。

英語教材ランキングでは、今一番選ばれている英語教材は何かということをランキング形式で発表してくれていますから、英語教材をこれから選ぶという人にとってはとても参考になるランキングです。

英語教材で多くの人に選ばれているということは、それなりに理由があるとおもいます。

子供の英語教材や幼児の英語教材などでは、子どもが楽しく英語を学ぶことが出来るような工夫がされていたり、楽しみながら飽きずに英語をマスターすることが出来る英語教材などもあります。

英語教材を選ぶ際には、ランキングを参考にしてどの教材がおすすめなのか確認してみるといいかもしれませんね。

ランキングを見て、そのまま1位になっている英語教材を選ぶという方法で選ぶのではなくて、あくまでも参考にして選びます。

その英語教材が自分に合っているのかどうかということをまずは内容を確認してみましょう。

たとえば幼児の英語教材で人気のあるディズニーの英語教材は資料請求をすればサンプルのDVDなどが送ってもらえます。

ですからそちらを利用してみて、子どもの反応を見たり、実際に英語教材を続けていけるのかを考えてみるといいかもしれませんね。

場合によってはディズニーの英語教材よりも、ゲーム感覚の英語教材や イラストがたくさん掲載されている英語教材の方がいいという人もいるかもしれませんね。

[PR]

英語教室

今日本にはたくさんの英語教室があります。

幼児から英語学習をスタートさせるために、いろいろと工夫したカリキュラムで英語学習を進めている英語教室があります。

英語教室ごとに特色のある内容で英語学習が進められていますが、数多くある中でどのように英語教室を選んでいくのがいいのでしょうか。

英語教室はたとえば、地域にだけあるこども英語教室もあれば、全国展開している英語教室などもあります。

幼児を対象にしている英語教室もあれば、学生対象、社会人対象の英語教室尾もありますから、その種類は色々です。

英語教室で大手の全国展開しているところといえば、ベネッセの英語教室、ヤマハの英語教室、アルク英語教室、セイハ英語教室、小学館英語教室などが名前が知れていることで知られていますが、この中からどうやって英語教室を選ぶといいのでしょうか。

英語教室の選び方のポイントとしては、まずは英語教室に行く目的をしっかりと把握しておきましょう。

発音をきれいにしたいのか、それとも授業に沿った英語の勉強をさせたいのか、英語を好きになったもらうために通わせるのか、英語がペラペラになるために通わせたいのか、まずは英語教室に通わせる目的に合わせて選ぶといいでしょう。

英語教室によっては文法などの知識を重点に教えているところもあれば、英会話を重点おいているところもありますから、目的にあった英語教室を選ぶようにします。

そのうえで体験入学などをして合うかどうか確かめたうえで選びます。

[PR]

中学の英語

中学の英語は、日本人にとっては英語の基礎となることです。

中学の英語の問題が解けなければ、英語をそれ以上勉強する上で少し難しくなってくるかもしれませんね。

中学の英語では文法を習うと思いますから授業をしっかりと受けて、単語を覚える、文法を勉強するといった基本的な英語の勉強をしなければいけません。

中学の英語の要点ばかりをまとめた参考書や問題集なども色々と販売されています。

そちらを利用しながら授業と並行してしっかり基礎を身につけておくと、中学の英語で多くの学生が苦手としている長文読解にも強くなるのではないでしょうか。

どうしても長文読解になると、英語が苦手だという人も多いようです。

長文読解をするためには、文法、単語それぞれの知識をしっかりとマスターしておかなくてはいけません。

中学の英語は文法などの勉強をすることが中心として行われていますが、もちろん発音やスピーチなどのコミュニケーション系の授業を指導案に入れているという学校も多いです。

中学で英語の歌を歌ってみたり、たとえばカーペンターズの曲を歌ってみるというのは意味を知りながら英語の勉強をするのにとても役に立つかもしれませんね。

中学の英語は、これからの英語学習の基礎になりますからしっかりと勉強して、身につけておきましょう。

中学の英語をスムーズに効率よく学習する方法としては、単語の並び方に注意しながら、主語述語動詞などをしっかりと順番通りに並べることをポイントにおいて勉強するといいといわれています。

[PR]

英語の発音

英語の知識や単語、文法は頭に入っているのに、英語が通じない、そんな経験をしたことがありませんか?

英語が通じないことのほとんどは、英語の間違った発音にあるといわれています。

英語の発音は日本人には少し難しい発音といわれています。

英語を学ぶ際に、知識や文法などももちろん大切なことだとは思いますが、英語の発音をしっかりとマスターしておかなければいくら文法が頭に入っていても、実際に英語を話したときに発音が間違っていると通じないので意味がありません。

英語の発音を音声にして何度も何度も繰り返し聴くというのがいいのですが、なかなか学習方法として英語の発音を繰り返し聴くということは難しいですね。

最近はインターネットのサイト上で英語の発音記号が掲載されていて実際に音声を聞くことが出来るサイトもありますから、そちらを一度検索してみて、アクセントの位置を確認しながら練習してみるというのがいいでしょう。

英語の発音は舌使いが重要です。

間違った英語の発音で一度覚えてしまうと、なかなか元に戻すのが大変ですから、その場合は英語の発音矯正をしなければいけません。

英語の発音で聞き取りにくいのはMとNの発音であったり、LとRノ発音だったりしますね。

他にも同じシーというカタカナで書く言葉がありますが、英語で書くとsee sea sheといった三つの言葉があり、どれも同じ発音をしてしまいがちですが、それぞれ英語の発音は違っています。

英語の発音を正すことで英語が通用するようになりますし自分への自信にもつながります。

[PR]

,