英語の発音

英語の知識や単語、文法は頭に入っているのに、英語が通じない、そんな経験をしたことがありませんか?

英語が通じないことのほとんどは、英語の間違った発音にあるといわれています。

英語の発音は日本人には少し難しい発音といわれています。

英語を学ぶ際に、知識や文法などももちろん大切なことだとは思いますが、英語の発音をしっかりとマスターしておかなければいくら文法が頭に入っていても、実際に英語を話したときに発音が間違っていると通じないので意味がありません。

英語の発音を音声にして何度も何度も繰り返し聴くというのがいいのですが、なかなか学習方法として英語の発音を繰り返し聴くということは難しいですね。

最近はインターネットのサイト上で英語の発音記号が掲載されていて実際に音声を聞くことが出来るサイトもありますから、そちらを一度検索してみて、アクセントの位置を確認しながら練習してみるというのがいいでしょう。

英語の発音は舌使いが重要です。

間違った英語の発音で一度覚えてしまうと、なかなか元に戻すのが大変ですから、その場合は英語の発音矯正をしなければいけません。

英語の発音で聞き取りにくいのはMとNの発音であったり、LとRノ発音だったりしますね。

他にも同じシーというカタカナで書く言葉がありますが、英語で書くとsee sea sheといった三つの言葉があり、どれも同じ発音をしてしまいがちですが、それぞれ英語の発音は違っています。

英語の発音を正すことで英語が通用するようになりますし自分への自信にもつながります。

[PR]

<< 中学の英語 , ビジネスのための英語 >>